当院での分娩対応について|文京区千駄木の産婦人科 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科

お知らせ

当院での分娩対応について

4月7日に日本政府は新型コロナウイルス感染拡大阻止のために非常事態宣言を発出しました。現在のところ、妊産婦については、妊娠初期・中期に感染したとしてもそれが原因で流早産や胎児奇形を来す可能性は少なく、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染した場合も経過や重症度は妊娠していない方と大きくは変わらないと考えられています。一方で、分娩時には呼気よりウィルスを含むエアロゾルが大量に排出されることが知られており、日本産科婦人科学会の勧告は施設状況に応じた慎重な対応を求めています。

かかる状況を踏まえて、当院ではかかりつけの妊婦さんが新型コロナウィルス感染に罹患した場合、治癒までに分娩が見込まれる状況であれば、当院での入院管理が困難な場合、指定医療機関に紹介させていただく可能性があります。また、症状や濃厚接触によって感染が疑われる状況下で、当院での分娩対応が必要となった場合には、原則として帝王切開分娩とさせていただきます。その場合、出生児はGCU(新生児治療回復室)に隔離してお預かりすることなります。

尚、今後の感染拡大状況等によって変更となる可能性があることをご了承ください。

1日も早い感染収束のため、何卒ご協力のほど、宜しくお願い致します。

ページトップへ戻る