産婦人科専門医研修プログラム|文京区千駄木の産婦人科 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科

産婦人科専門医研修プログラム

研修プログラムについて

周産期分野

付属病院では、正常分娩の管理に加え、高度救命救急センターと連携した母児救命、各診療科と連携した合併症妊娠の管理、遺伝診療科と連携した出生前診断を中心に研修を行います。
武蔵小杉病院には、新生児内科・小児外科を擁する周産期・小児医療センターが設置されております。充実した医療体制の下、神奈川県内でもトップクラスの母体搬送受け入れ数を誇る高次施設において、周産期医療の研修を行います。
多摩永山病院では、「セミオープンシステム(母と子のネットワーク)」を導入し、地域周産期医療の中核を担っています。周産期専門医の指導の下、最新のエビデンスに基づいて多様な周産期病態へ対応できるように研修を行います。

二年次以降も充実した研修

二年次以降には、NICU研修(武蔵小杉病院)や周産期センター研修(葛飾赤十字産院)も積極的に行っています。
武蔵小杉病院、多摩永山病院、葛飾赤十字産院は周産期専門医制度における基幹研修施設、付属病院は指定研修施設であり、将来的な周産期新生児専門医(母体・胎児)取得に対応しています。
また、日本母体救命システム(J-CIMELS)、周生期医療支援機構ALSO・BLSO、周産期救命処置コース(ピーシーキューブ)、新生児蘇生法普及事業(NCPR)のインストラクターも数多くおり、これらの講習の開催やコース受講にも積極的に参加しています。

婦人科腫瘍分野

付属病院は、厚生労働省より地域がん診療連携拠点病院に指定されており、婦人科腫瘍専門医の指導の下、病理部、放射線科、化学療法科と連携した治療方針の決定や、緩和ケア科、がん相談支援センターと連携した患者支援など、がん診療全体についての幅広い研修を行います。
婦人科悪性腫瘍の腹腔鏡下手術や各種機能温存手術についても研修する機会があります。
武蔵小杉病院、千葉北総病院、東京臨海病院も婦人科腫瘍専門医を擁しており、手術手技を中心に専門性の高い研修を行います。
付属病院、千葉北総病院は婦人科腫瘍専門医修練施設に認定されており、都道府県がん診療連携拠点病院である神奈川県立がんセンターと連携し、将来的な婦人科腫瘍専門医取得に対応しています。

内視鏡手術分野

付属病院、武蔵小杉病院、千葉北総病院では内視鏡技術認定医による指導の下、専門性の高い実践的な研修を行います。特に付属病院においては、内視鏡専門チームによる系統的なトレーニングプログラムを導入しており、動物ラボにおける定期的な研修と合わせ、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医取得を前提としたハイレベルな技術指導を行います。
また、付属病院では骨盤臓器脱に対する最新治療である「腹腔鏡下仙骨腟固定術」も積極的に行っており、専門性の高い研修を受けることが可能です。

腹腔鏡下手術

生殖医学分野

付属病院において、生殖医療専門医の指導の下、排卵誘発や人工授精などの一般不妊症治療から、体外受精・胚移植法、顕微授精法、受精卵の凍結保存法などの高度生殖補助技術まで幅広く研修を行います。付属病院は生殖医療専門医制度における認定研修施設であり、生殖医療専門医取得に対応しています。

付属病院, 武蔵小杉病院, 多摩永山病院, 千葉北総病院いずれからも研修を開始できます。
診療ユニット内の複数の施設に勤務し、研修期間中に産婦人科学全領域を網羅します。
エキスパートによる丁寧な研修指導の下、ゆとりを持って専門医試験に臨むことができます。

産婦人科専門医取得後の研修について

産婦人科専門医取得後は、
①総合的な臨床能力を向上させる
②サブスペシャリティーを確立し高度専門医取得を目指す
③ 研究活動(基礎・臨床)行う

といった方向性があり、個々の希望と資質に応じたバランスで研修を進めてまいります。研究活動は基礎医学教室と連携しており、大学院進学や海外留学についても積極的に対応しております。

見学案内

ページトップへ戻る