生殖医療外来|文京区千駄木の産婦人科 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科

生殖医療外来

不妊症診療

不妊症診療

当科は人工授精や体外受精といった生殖医療を行うだけではありません。不妊の原因となる子宮内膜症や子宮筋腫や、子宮奇形に対する手術療法なども数多く行っております。不妊治療中の不育症の検査や治療は当科で並行して行うことが出来ます。
また、内科で血糖・血圧・甲状腺機能のコントロールを行いながら不妊治療を進めるなど、合併症をもつ方の不妊治療も大学病院ならではと考えています。

不妊症とは

「不妊」という言葉がとてもネガティブに響きますが、不妊症とは“絶対に妊娠できない”体質ばかりを指すわけではなく“妊娠しにくい”体質も含まれます。現代日本のご夫婦の5組に1組に何らかの不妊原因があるとも言われています。
お子さんを望んで半年~1年経っているならば、ぜひとも不妊症の検査を受けてください。
基礎体温や精液検査など、スマートフォンアプリを利用した自分でできる検査もあります。
不妊の原因や検査の一般的な内容は、日本産科婦人科学会に解説があります。

受診方法

女性診療科の初診を予約してください。

ご予約について

女性診療科受診後、必要に応じて女性診療科再来や生殖医療外来の受診となります。
他院の検査結果などがある場合にはお持ちください。

生殖医療外来

不妊症を専門に診るエリアです。不妊症検査・排卵誘発・タイミング指導・人工授精・体外受精・子宮鏡などを行います。
月曜から土曜の午前中(8:30~11:30)生殖医療専門医を含めた複数の担当医が診療を行います。担当医には周産期専門医や内視鏡技術認定医の認定を受けている医師もおり、さまざまな視点で診療を行えることが当院の特徴です。
またスタッフには不妊症看護認定看護師・生殖医療相談士・生殖補助医療胚培養士といった生殖医療の専門家が揃って、通院される方々に安心安全な治療を提供しております。
周産期専門医や助産師もおりますので、妊娠後のライフプランについてもご相談ください。

※完全予約制です。当日の受診希望の場合でもお電話で予約をお願いします。
※外来は午前中のみです。午後は医師がおりませんので、予約時間は厳守してください。
※担当医のご指名はできません。
※不妊に悩むご夫婦が多く来院されています。お子さま連れはご遠慮ください。

事実婚について

住民票上の住所が同一の事実婚(未入籍)夫婦の不妊治療については法律婚夫婦と同様、一般不妊治療・人工授精・体外受精などの治療を行うことができます。
住民票上の住所が異なる事実婚の方は、戸籍謄本による婚姻関係の確認のうえ一般不妊治療(タイミング指導まで)を行うことができます。パートナーの検査結果についてはお話しできません。

ページトップへ戻る