不妊症検査|文京区千駄木の産婦人科 日本医科大学付属病院 女性診療科・産科

不妊症検査

不妊症検査の種類とスケジュール

不妊症検査の種類とスケジュール
不妊症スクリーニング検査

初診時から数回にわたって行う、不妊原因を探るための検査です。

詳細はこちら

特殊検査(着床障害検査)

不育症の方や数回の胚移植を行って妊娠に至らない方を対象にした、着床障害の原因を検索するための検査です。

詳細はこちら

男性の検査
詳細はこちら

女性の検査

不妊症スクリーニング検査

初診時のスクリーニング検査
まずは現在の身体が、すぐに妊娠・出産可能な状態かをチェックしながら、不妊原因を探っていきます。
甲状腺機能・肝機能・糖代謝などに異常がある場合には不妊治療に優先して内科の治療を行います。
AMH(抗ミュラー管ホルモン)の値は卵巣年齢を示すとも言われ、今後の治療方針の参考にします。
風疹は妊娠中にかかると胎児が風疹ウイルスに感染し、さまざまな障害が残ってしまいます。風疹抗体価が低く、ワクチンを接種した場合には2ヶ月間の避妊が必要となりますが、妊娠後にはワクチン接種できませんので治療を始める前に接種した方が安心です。

月経周期2~5日目

ホルモン値
FSH(卵胞刺激ホルモン)・LH(黄体化ホルモン)、エストロゲン(卵胞ホルモン)、プロラククチンの値を測定します。間脳視床下部・脳下垂体・卵巣機能の評価ができます。

月経終了後~排卵前

子宮卵管造影
子宮内に造影剤を注入し、子宮内腔の形態と卵管の通過性を検査します。
子宮鏡
直径3mmの内視鏡で子宮内を観察し、ポリープや筋腫の有無を確認します。

排卵期

フーナー試験
性交後試験ともいいます。子宮頚管粘液内の精子の状態を検査します。人工授精や生殖補助医療の適応を検討する目安になります。

黄体期

ホルモン値
プロゲステロン(黄体ホルモン)・エストロゲン(卵胞ホルモン)を測定し、黄体機能を評価します。

特殊検査(着床障害検査)

子宮内フローラ検査
子宮内フローラ(子宮内細菌叢)をどの程度善玉菌(ラクトバチルス)が占めているか検査します。
子宮内膜炎検査
子宮内膜を生検し、病理検査を行います。
Cine MRI
黄体期子宮内膜の異常蠕動を評価します。
ERA検査(子宮内膜着床能検査)
胚移植時と同じスケジュールで整えた子宮内膜を採取し、その子宮内膜が胚の着床に適した状態かを検査します。

男性の検査

出来るだけ早く行った方が良い検査

精液検査
3~5日間の禁欲期間を持った上で行います。結果によって、タイミング法からスタートするか、早期に人工授精や生殖補助医療を行う適応となるか判断します。

人工授精までに行う検査

感染症検査

その他

生殖医療外来には泌尿器科医はおりませんので、男性不妊専門施設へ紹介することがあります。

ページトップへ戻る